うまぶろぐ

小遣いサラリーマンの競馬予想ブログ


競馬ブログ更新情報




競馬

函館記念(GⅢ)は5番人気のエアアンセムが内ラチ沿いの4~5番手をロスなく追走し、最後の直線に入ると馬群中央に位置取り、残り100m付近で前を捕らえ優勝(勝ちタイム1分59秒8)。1/2馬身差の2着には7番人気のサクラアンプルール、さらに1/2馬身差の3着には13番人気のエテル
『第54回農林水産省賞典函館記念(GⅢ)結果』の画像

函館記念(GⅢ)の最終予想に入ります。7月15日12時02分現在の単勝オッズはトリコロールブルーが3.6倍で1番人気。続いて7.1倍でブレスジャーニー、7.4倍でブラックバゴとなっております。函館競馬場は今週からBコースに変更になっており、土曜の競馬をみてみると内を走った馬
『第54回農林水産省賞典函館記念(GⅢ)最終予想』の画像

函館記念(GⅢ)の出走馬が確定しましたので実績データをまとめてみました。それでは函館記念(GⅢ)の実績データをみてみましょう。【函館競馬場芝実績】※連対率、複勝率で評価 ※1戦馬は除くナイトオブナイツ (2-0-0-1)ブラックバゴ (1-0-0-0)【右回り実績】※連対率
『第54回農林水産省賞典函館記念(GⅢ)攻略データ(3)』の画像

函館記念(GⅢ)は6~9番人気が(0-3-8-29)、10番人気以下が(0-5-0-63)と人気薄が馬券に絡む事が非常に多いです。また、前走のレースでみてみるとエプソムカップが(1-1-1-16)、新潟大賞典が(1-1-1-2)、巴賞が(2-5-4-41)が活躍しており、斤量でみてみると56~56.5キ
『第54回農林水産省賞典函館記念(GⅢ)攻略データ(2)』の画像

函館記念(GⅢ)は函館競馬場・芝・右2000mで行われます。このコースはスタンド前の直線を延長したポケットからスタートし、1コーナーまでの直線距離は476mと長いです。1800mよりも前半のペースが速くなり、ラップが大きく前傾するのが特徴です。そのため逃げ切りは困難です
『第54回農林水産省賞典函館記念(GⅢ)攻略データ(1)』の画像

七夕賞(GⅢ)は11番人気のメドウラークが後方集団で脚を貯めながら追走し、3コーナー付近から前との距離を縮め始めました。最後の直線に入ると外へ持ち出し徐々に前との距離を縮め、残り200mで前を捕らえ優勝(勝ちタイム2分00秒8)。クビ差の2着には4番人気のマイネルサー
『第54回七夕賞(GⅢ)結果』の画像

プロキオンステークス(GⅢ)は5番人気のマテラスカイが好スタートから逃げをうち、最後の直線に入るとそのまま内ラチ沿いを突き進み後続を寄せ付けずレコードタイムで圧勝(1分20秒3)。4馬身差の2着には1番人気のインカンテーション、さらに1/2馬身差の3着には2番人気のウ
『第23回プロキオンステークス(GⅢ)結果』の画像

七夕賞(GⅢ)の最終予想に入ります。7月8日11時45分現在の単勝オッズはサーブルオールが3.4倍で1番人気。続いて4.7倍でプラチナムバレット、7.6倍でレイホーロマンスとなっております。7番人気まで1桁オッズと超大混戦状態ですが、予想をしていてもほんと抜けた馬がいなくど
『第54回七夕賞(GⅢ)最終予想』の画像

         

↑このページのトップヘ