うまぶろぐ

小遣いサラリーマンの競馬予想ブログ


競馬ブログ更新情報




結果

アルテミスステークス(GⅢ)は2番人気のラッキーライラックが好スタートから先団外目4~5番手を追走し、最後の直線に入ると馬郡中央に位置取り、メンバー最速の脚(上り34.7秒)を使い残り150mで前を交わし優勝(勝ちタイム1分34秒9)。3/4馬身差の2着には13番人気のサヤカ
『第6回アルテミスステークス(GⅢ)結果』の画像

菊花賞(GⅠ)は馬場が最悪な状態で1番人気のキセキが後方グループ外目を追走し、最後の直線に入ると大外へ持ち出しメンバー最速の脚(上り39秒6)を使い徐々に前との距離を縮め、残り150mで前を交わし優勝(勝ちタイム3分18秒9)。2馬身差の2着には10番人気のクリンチャー、
『第78回菊花賞(GⅠ)結果』の画像

富士ステークス(GⅢ)は1番人気のエアスピネルが好スタートから3~5番手集団に位置取り、4コーナー付近で先団に取りつき最後の直線に入ると外目へ持ちだし徐々に前との距離を縮め、残り50mあたりで前を交わし優勝(勝ちタイム1分34秒8)。2馬身差の2着には4番人気のイスラボ
『第20回富士ステークス(GⅢ)結果』の画像

秋華賞(GⅠ)は3番人気のディアドラが後方グループ外目を追走し、1000m過ぎから少しペースを上げ始め3コーナー付近で内へ潜り込みました。最後の直線に入ると前の壁が開くとメンバー最速の脚(上り35.7秒)で突き抜けるとジワジワと前との距離を縮めゴール手前で前を交わし
『第22回秋華賞(GⅠ)結果』の画像

府中牝馬ステークス(GⅡ)は5番人気のクロコスミアが好スタートからハナを切ると、1000m通過タイム61.9秒と自分のペースに持ち込み、最後の直線に入っても脚色は衰えずそのまま逃げ切り優勝(勝ちタイム1分48秒1)。クビ差の2着には1番人気のヴィブロス、さらに1.1/4馬身差
『第65回アイルランドトロフィー府中牝馬ステークス(GⅡ)結果』の画像

京都大賞典(GⅡ)は4番人気のスマートレイアーが中団後方内ラチ沿いをロスなく追走し、最後の直線に入るとそのまま内ラチ沿いを突き進み、メンバー最速の脚(上り33.4秒)を使いゴール直前で前を交わし優勝(勝ちタイム2分23秒0)。1/2馬身差の2着には6番人気のトーセンバジ
『第52回京都大賞典(GⅡ)結果』の画像

毎日王冠(GⅡ)は3番人気のリアルスティールが先団から離れた中団を追走し、最後の直線に入り残り400m付近で外目へ持ち出し前との距離を縮め、残り100mで前を捕らえ優勝(勝ちタイム1分45秒6)。クビ差の2着には5番人気のサトノアラジン、さらに1.1/2馬身差の3着にはグレー
『第68回毎日王冠(GⅡ)結果』の画像

スプリンターズステークス(GⅠ)は1番人気のレッドファルクスが中団後方を追走し、最後の直線に入ると馬群中央に位置取り、メンバー最速の脚(上り33.0秒)を使いゴール直前で前を交わし優勝(勝ちタイム1分07秒6)。クビ差の2着には5番人気のレッツゴードンキ、さらに1/21
『第51回スプリンターズステークス(GⅠ)結果』の画像

         

↑このページのトップヘ