阪神大賞典(GⅡ)は阪神競馬場・芝・右3000mで行われます。このコースは阪神大賞典のみに使用されるコースで、2コーナーの出口付近からスタートし、内回りコースを約1周半、コーナーを6つ回ります。スタートしてから最初の3コーナーまでの間に先行争いが激しくなる場合もありますが、その後は完全にペースダウンします。2周目の3コーナー過ぎまで淡々と流れ、そこから一気に加速してゴールまで激しい追い比べとなります。スローペースからの上り勝負が基本です。それでは過去10年で3着以内に好走した全30頭中28頭が該当するデータを元に好走しそうな馬を探していきます(競馬最強の法則を参考)。

DsxYyt5ezrrdAAx1465277187_1465277466

①過去1年以内に芝2200m以上の古馬混合G2以上で連対、かつ過去に芝3000m以上のG1で連対
17年 1番人気1着サトノダイヤモンド(有馬記念 1着/16年菊花賞 1着)
15年 1番人気1着ゴールドシップ(宝塚記念 1着/12年菊花賞 1着)
14年 1番人気1着ゴールドシップ(宝塚記念 1着/12年菊花賞 1着)
13年 1番人気1着ゴールドシップ(有馬記念 1着/12年菊花賞 1着)
12年 1番人気2着オルフェーヴル(有馬記念 1着/11年菊花賞 1着)
09年 2番人気1着アサクサキングス(京都記念 1着/07年菊花賞 1着)
08年 1番人気3着ポップロック(JC 2着/06年メルボルンC 2着)

【該当馬】
クリンチャー

②前年10月以降にOPクラスの芝3000m以上で1着
12年 3番人気2着デスペラード(万葉S 1着)
11年 1番人気2着コスモメドウ(ダイヤモンドS 1着ほか)
10年 5番人気1着トウカイトリック(万葉S 1着)

【該当馬】
アルバートトミケンスラーヴァ

③過去に芝3000m以上の重賞で5着以内の実績がある4歳馬
16年 4番に気2着タンタアレグリア(菊花賞 4着ほか)
14年 3番人気3着バンデ(菊花賞 3着)
12年 3番人気1着ギュスターヴクライ(ダイヤモンドS 2着)
09年 4番人気3着ナムラクレセント(菊花賞 3着)

【該当馬】
クリンチャー

④過去に芝3000m以上のG1で3着以内
17年 2番人気2着シュヴァルグラン(16年天皇賞春 3着)
13年 3番人気3着フォゲッタブル(09年菊花賞 2着)
12年 5番人気3着ナムラクレセント(11年天皇賞春 3着)
11年 3番人気1着ナムラクレセント(08年菊花賞 3着)
08年 5番人気2着アイポッパー(05年天皇賞春 3着)

【該当馬】
カレンミロティッククリンチャーレインボーライン

⑤前年10月以降に準OPクラス以上の芝・ダ1800m以上で1着
17年 5番人気3着トーセンバジル(オクトーバーS 1着)
16年 1番人気1着シュヴァルグラン(オリオンS 1着)
15年 2番人気3着ラストインパクト(京都大賞典 1着ほか)
10年 4番人気2着ジャミール(迎春S 1着)
10年 1番人気3着メイショウベルーガ(日経新春杯 1着)
09年 6番人気2着ヒカルカザブエ(元町S 1着)
08年 4番人気1着アドマイヤジュピタ(アルゼンチン共和国杯 1着)

【該当馬】
アルバートクリンチャーサトノクロニクルトミケンスラーヴァ

⑥同年にOPクラスの芝3000m以上で連対、かつ過去に芝3000m以上の重賞で1着
11年 6番人気3着モンテクリスエス(万葉S 2着、09年ダイヤモンドS 1着)

【該当馬】
該当馬なし

⑧過去に芝3000m以上の重賞で1着
14年 5番人気2着アドマイヤラクティ(13年ダイヤモンドS 1着)

【該当馬】
アルバート

本日の3着内に好走しそうなデータをクリアした馬は6頭(全11 頭)です。とりあえず本日のデータのみで評価すると本命候補は【馬の名前は人気ブログランキングで確認】で問題なさそうです。出走登録馬が11頭と少ないので寂しい重賞となりますが、なるべく買い目を減らしてビシッと的中させたいですね。


ブログランキングにご協力お願い致します。
競馬ブログ・ランキング