府中牝馬ステークス(GⅡ)は1番人気が(0-4-2-4)、2番人気が(0-1-3-6)と10年間で一度も勝っていません。脚質でみてみると先行馬が(3-6-3-22)と好走しており、年齢別でみてみると4歳馬が(5-3-4-43)、5歳馬が(5-6-2-56)と圧倒的な結果を残しています。府中牝馬ステークス(GⅡ)は『1~2番人気は軸に向かない』、『先行馬』、『4~5歳馬』が好走馬を探す3つのキーワードですね。それでは過去のデータから消し馬を探していきましょう。

DsxYyt5ezrrdAAx1465277187_1465277466

①前走条件戦に出走し、4番人気以下だった馬は(0-0-0-11)です。
【該当馬】
ゲッカコウハッピーユニバンスバンゴール

②前走牝馬限定戦に出走し6着以下だった馬は(1-0-0-29)ですが、今回斤量軽減でない馬は(0-0-0-11)です。
【該当馬】
アドマイヤリードクイーンズリング

本日の消し馬データは2つと少ないので、今回は連対馬候補まで絞ってみましょう。

③今回斤量増の馬は(0-3-2-36)ですが、このうち前走条件戦出走馬は(0-0-1-5)です。
【該当馬】
キンショーユキヒメハッピーユニバンス

④今回斤量増の馬は(0-3-2-36)ですが、このうち前走10着以下だった馬は(0-0-1-10)です。
【該当馬】
ロッカフラベイビー

本日の消し馬データをクリアした馬は9頭(全14頭)で、連対候補まで残った馬は7頭です。さらに冒頭で述べた3つのキーワードも考慮するとワンブレスアウェイ、ヴィブロスあたりが面白そうですね。とりあえず本日時点での本命候補はヴィブロスにしておきます。


ブログランキングにご協力お願い致します。