セントウルステークス(GⅡ)は1番人気のファインニードルが内ラチ沿い好位3番手をロスなく追走し、最後の直線に入ってもそのまま内に進路をとり、残り150mで前を交わし後続の追い上げを抑え優勝(勝ちタイム1分07秒5)。1.1/4馬身差の2着には6番人気のラインミーティア、さらにクビ差の4着にはダンスディレクターが入りました。重賞初制覇となったファインニードルはこれで通算成績21戦6勝(重賞1勝)となりました。

私も利用していますが、データ派の方におススメのサイトです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
【無料】競馬に必須の予想ツール【KLAN.jp】

★着順
1着 7 ファインニードル (1人気)
2着 6 ラインミーティア (6人気)
3着 13 ダンスディレクター (4人気)
4着 2 メラグラーナ (3人気)
5着 1 アドマイヤゴッド (8人気)

★タイム
1着タイム 1:07.5
ハロンタイム 12.2 - 10.8 - 10.8 - 11.1 - 11.1 - 11.5
上り 4F 44.5 - 3F 33.7

★コーナー通過順位
3コーナー 14,12,7,3,1(6,9)11(8,13)2,5,4,10
4コーナー 14,12(7,3)1,9(6,11)(8,13)2(4,5)-10

セントウルステークス(1)

それでは私が予想した結果をお伝えします。

◎ 14 フィドゥーシア 9着
○ 13 ダンスディレクター 3着
▲ 7 ファインニードル 1着
△ 6 ラインミーティア 2着
☆ 3 アルティマブラッド 6着
注 2 メラグラーナ 4着

ファインニードルが人気に応え重賞初制覇となりましたが、スプリントの絶対王者のいない今ならば、このままスプリンターズSも勢いで勝ってしまうかもしれませんね。本命候補に上げたフィドゥーシアは最後の直線で粘れず9着へ沈んでしまいました。もう少しこのクラスに慣れる必要があるのかなと感じました。

14-2,3,6,7,13-2,3,6,7,13 (3連複フォーメーション 10点 各100円) 不適中


ブログランキングにご協力お願い致します。