CBC賞(GⅢ)は2番人気のシャイニングレイが後方集団を追走し、最後の直線に入ると大外へ持ち出すとメンバー最速の脚(上り33.2秒)を使い徐々に前との距離を縮め、ゴール直前で前を捕らえ優勝(勝ちタイム1分08秒0)。ハナ差の2着には13番人気のセカンドテーブル、さらに1.3/4馬身差の3着には8番人気のアクティブミノルが入りました。勝ったシャイニングレイはこれで通算成績7戦4勝(重賞2勝)となりました。

私も利用していますが、データ派の方におススメのサイトです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
【無料】競馬に必須の予想ツール【KLAN.jp】

★着順
1着 7 シャイニングレイ (2人気)
2着 14 セカンドテーブル (13人気)
3着 4 アクティブミノル (8人気)
4着 2 ティハーフ (9人気)
5着 11 スノードラゴン (12人気)

★タイム
1着タイム 1:08.0
ハロンタイム 12.0 - 10.5 - 10.7 - 11.1 - 11.1 - 12.6
上り 4F 45.5 - 3F 34.8

★コーナー通過順位
3コーナー 4(14,16)(1,5)12(6,17)(8,10)13(2,3,15)11,7-18-9
4コーナー 4,14,16(1,5)(8,12)(6,17)10(2,13)(3,15)(11,7)-18-9

CBC賞(2)

それでは私が予想した結果をお伝えします。

◎ 13 エイシンスパルタン 11着
○ 3 メラグラーナ 10着
▲ 16メイソンジュニア 12着
△ 12 アルティマブラッド 13着
☆ 9 トウショウドラフタ 16着
注 2 ティーハーフ 4着

後方追走から上位に食い込めたのは1着のシャイニングレイだけでした。後方から良い脚を使ってくれそうな馬を中心に予想を組み立てたのが残念な結果をなってしまいました


ブログランキングにご協力お願い致します。
競馬ブログ・ランキング