京都新聞杯(GⅡ)の最終予想に入ります。5月6日10時34分現在の単勝オッズはサトノクロニクルが4.6倍で1番人気。続いて4.7倍でインヴィクタ、プラチナムバレットとなっております。5番人気まで僅差の1桁オッズと混戦状態ですね。重賞戦経験済みの馬が好走するのか、500万下戦勝ってきた上り馬が勝つのか注目です。

umablog2

ではおさらいを。攻略データでは以下のような結果になっていまいます。

【消し馬データをクリアした馬(3着内候補)】
インヴィクタ、ハギノアレス、ミッキースワロー、プラチナムバレット

【実績データ評価(上位5頭)】
ミッキースワロー、インヴィクタ、プラチナムバレット、サトノクロニクル、マルヴィンカズマ

データ集計結果は以下のとおりとなりました。

プラチナムバレット 3.5P
ミッキースワロー 3P
サトノクロニクル 2.5P
インヴィクタ 2.5P
ハギノアレス 2P

うまぶろぐデータと馬場・展開を考慮した上で私の最終予想と購入馬券を発表します。

◎ 11 プラチナムバレット
○ 8 ミッキースワロー
▲ 4 インヴィクタ
△ 6 ゴールドハット
☆ 3 サトノクロニクル
注 1 カケルテソーロ

京都新聞杯(1)


ブログランキングにご協力お願い致します。