天皇賞(春)(GⅠ)の最終予想に入ります。4月30日7時30分現在の単勝オッズはキタサンブラックが2.4倍で1番人気。続いて2.5倍でサトノダイヤモンド、9.6倍でシャケトラとなっております。やはりキタサンブラックとサトノダイヤモンドに圧倒的な人気が集まり、オッズを見る度に人気が入れ替わってたりと最終的にどちらが1番人気になるか分からない状態です。過去10年で(0-0-1-9)と不振な1番人気ですが、今年はこのジンクスを振り払うのか、それとも今年も敗れてしまうのかこの点も注目です。

umablog2

ではおさらいを。攻略データでは以下のような結果になっていまいます。

【3着以内に好走しそうな馬】
サトノダイヤモンド、キタサンブラック、シャケトラ、アルバート、シュヴァルグラン、スピリッツミノル、タマモベストプレイ、トーセンバジル、ラブラドライト、ゴールドアクター、レインボーライン

【消し馬データをクリアした馬(3着内候補)】
キタサンブラック、サトノダイヤモンド、シュヴァルグラン、ディーマジェスティ、トーセンバジル、レインボーライン

【実績データ評価(上位5頭)】
サトノダイヤモンド、キタサンブラック、ディーマジェスティ、シュヴァルグラン、アルバート

データ集計結果は以下のとおりとなりました。

シュヴァルグラン 4.5P
キタサンブラック 4P
サトノダイヤモンド 4P
ディーマジェスティ 3.5P
トーセンバジル 3.5P
レインボーライン 3.5P

うまぶろぐデータと馬場・展開を考慮した上で私の最終予想と購入馬券を発表します。

◎ 3 キタサンブラック
○ 15 サトノダイヤモンド
▲ 1 シャケトラ
△ 6 シュヴァルグラン
☆ 12 ゴールドアクター
注 16 レインボーライン

天皇賞(春)(1)


ブログランキングにご協力お願い致します。