阪神大賞典(GⅡ)は1番人気のサトノダイヤモンドが中団後方を追走し、3コーナー手前から動き始めるとそのまま外へ持ち出しメンバー最速の脚(上り35.4秒)を使い、残り100mで前を捕らえ優勝(勝ちタイム3分02秒6)。1.1/2馬身差の2着には2番人気のシュヴァルグラン、さらに2.1/2馬身差の3着には5番人気のトーセンバジルが入りました。勝ったサトノダイヤモンドはこれで通算成績9戦7勝(重賞4勝)となりました。

日刊好きな自分にとっては使えます!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
日刊スポーツ《公式》競馬サイト「極ウマ・プレミアム」

★着順
1着 9 サトノダイヤモンド (1人気)
2着 3 シュヴァルグラン (2人気)
3着 4 トーセンバジル (5人気)
4着 8 タマモベストプレイ (6人気)
5着 1 スピリッツミノル (8人気)

★タイム
1着タイム 3:02.6
ハロンタイム 12.8 - 11.8 - 11.6 - 12.7 - 12.6 - 11.5 - 11.7 - 12.5 - 12.4 - 12.3 - 12.6 - 12.3 - 11.7 - 11.8 - 12.3
上り 4F 48.1 - 3F 35.8

★コーナー通過順位
1コーナー 2=8-10,6,1,7(3,9)4-5
2コーナー 2=8-10,6,1,7,3,9-4-5
3コーナー(2周目) 2,8(10,6)3(1,7)9-4=5
4コーナー(3週目) (8,*10,3)(1,6,9)(7,4)2=5

阪神大賞典(2)

それでは私が予想した結果をお伝えします。

◎ 9 サトノダイヤモンド 1着
○ 3 シュヴァルグラン 2着
▲ 8 タマモベストプレイ 4着


ブログランキングにご協力お願い致します。