中山牝馬ステークス(GⅢ)は6~9番人気が(4-2-1-33)、10番人気以下が(1-4-5-60)と人気薄の馬の激走が多いレースです。血統別でみてみるとサンデーサイレンス系が(4-6-3-75)、ミスプロ系が(2-1-3-4)と好走しており、斤量でみてみると53キロが(4-2-4-35)、54キロが(3-4-1-19)と好成績を残しています。中山牝馬ステークス(GⅢ)は『6番人気以下』、『サンデーサイレンス系、ミスプロ系』、『斤量53~54キロ』が好走馬を探す3つのキーワードですね。それでは過去のデータから消し馬を探していきましょう。

DsxYyt5ezrrdAAx1465277187_1465277466

①前走非重賞戦出走馬は(2-4-2-43)ですが、このうち前走7着以下だった馬は(0-0-0-18)です。
【該当馬】
ウキヨノカゼトーセンビクトリーハピネスダンサー

②前走非重賞戦出走馬は(2-4-2-43)ですが、このうち前走1800m戦で6番人気以下だった馬は(0-0-0-6)です。
【該当馬】
ウキヨノカゼハピネスダンサーフロンティアクイーン

③今回斤量50キロ以下の馬は(0-0-0-8)です。
【該当馬】
ウインリバティリーサルウェポン

④中9週以上の馬は(2-2-0-28)ですが、このうち前走G3以下戦10着以下だった馬は(0-0-0-8)です。
【該当馬】
タッチングスピーチ

⑤中12週以上間隔が空いた4歳馬は(0-0-0-18)です。
【該当馬】
パールコードビッシュ

⑥前走斤量55キロ以下で6番人気以下6着以下だった馬は(3-3-3-55)ですが、このうち今回斤量53キロ以下の馬は(0-0-0-23)です。 ※今回斤量2キロ以上減の馬は除く
【該当馬】
ウインファビラスウインリバティハピネスダンサーリーサルウェポン

本日の消し馬データをクリアした馬は9頭(全19頭)です。この9頭のうち6頭が攻略データ(1)もクリアしており、さらに冒頭で述べた3つのキーワードも考慮しても甲乙つけがた状態です。攻略データ(1)時点と同様【馬の名前は人気ブログランキングで確認】を引き続き本命候補としていきたいと思います。あと穴馬候補としてヒルノマテーラを挙げておきます。


ブログランキングにご協力お願い致します。