フェブラリーステークス(GⅠ)は1番人気のトランセンドが好スタートから先手を取ってレースを展開。直線に入り残り200mで2番手に差をつけ始め最後まで懸命に逃げ粘り、後方の外から追い込んできた3番人気フリオーソに1.1/2差をつけて優勝(勝ちタイム1分36秒4)。さらにクビ差の3着には4番人気のバーディバーディが入った。これでトランセンドはGⅠ2賞目となり、ゴドルフィンマイル(ドバイ GⅡ AW2000m)に向けて弾みがつきましたね。噂ではフェブラリーステークスに勝ったことでドバイワールドC(ドバイ GⅠ AW2000m)に出走する可能性もあるとのことです。いずれにせよ楽しみですね。

★着順
1着 トランセンド (1人気)
2着 フリオーソ (3人気)
3着 バーディバーディ (4人気)
4着 ダノンカモン (5人気)
5着 マチカネニホンバレ (7人気)

★タイム
1着タイム 1:36.4
ハロンタイム 12.6 - 11.2 - 11.9 - 12.2 - 12.2 - 12.1 - 11.9 - 12.3
上り 4F 48.5 - 3F 36.3

★コーナー通過順位
3コーナー (*12,16)(10,11,14)(2,5)(4,6,7,9)(15,13)(1,3)-8
4コーナー (*12,16)(10,14)(11,5)(2,6,7,9)(4,1,15,13)3,8

フェブラリーステーク(4)

それでは私が予想した結果をお伝えします。

◎ 12 トランセンド 1着
〇  7 ダノンカモン 4着
▲ 14 セイクリムズン 14着
△  5 バーディバーディ 3着

フェブラリーステーク(3)

昨晩は早めに寝てしまいブログ更新ができませんでした。すみません。フェブラリーSではトランセンド、ダノンカモン、バーディバーディは予想通り掲示板を確保してくれましたが、問題はセイクリムズンです。幸ジョッキーは、「外から行く馬がいて、ハミをかんでムキになってしまった。この距離なのである程度前で運ぶのは想定内だったのですが・・・」とコメントを残しています。ん~やぱり距離なのかな。今回、馬券を的中できました(祝)。ただイメージしていた前残りとはちょっと違いましたが押さえで買った3連複は的中。これで回収率が45%まで回復(笑)。よかった~。