うまぶろぐ

小遣いサラリーマンの競馬予想ブログ


競馬ブログ更新情報




更新情報

フェアリーステークス(GⅢ)は中山競馬場・芝・右・外1600mで行われます。このコースは高低差が5.3mある芝コースの最高地点である1コーナー横のポケットからスタートし、2コーナーまで緩やかな下りとなります。外回りの向こう正面から3~4コーナーに向かって約4.5m下ってい
『第34回フェアリーステークス(GⅢ)攻略データ(1)』の画像

スポーツニッポン賞京都金杯(GⅢ)は京都競馬場・芝・右・外1600mで行われます。このコースは向正面直線を2コーナー側に延長したポケットからスタートし、3コーナーまでの直線距離は712mと長いのでテンからペースが速めで、中盤まで緩むことも少ないです。向正面から徐々に
『第56回スポーツニッポン賞京都金杯(GⅢ)攻略データ(1)』の画像

日刊スポーツ賞中山金杯(GⅢ)は中山競馬場・芝・右2000mで行われます。このコースは牡馬クラシック第1弾・皐月賞が行われるコースです。スタートしてから1コーナーまでの距離は405mと長く、テンの2F目に激しい先行争いが起きやすいです。ただし、1コーナーを過ぎると落ち着
『第67回日刊スポーツ賞中山金杯(GⅢ)攻略データ(1)』の画像

ホープフルステークス(GⅠ)は1番人気のタイムフライヤーが後方グループに位置取り3コーナー過ぎから追い上げを開始し始め、最後の直線に入ると大外へ持ち出し、残り100m過ぎで前を抜き去り優勝(勝ちタイム2分01秒4)。1.1/4馬身差の2着には4番人気のジャンダルム、さらに
『第34回ホープフルステークス(GⅠ)結果』の画像

ホープフルステークス(GⅠ)の最終予想に入ります。12月28日10時37分現在の単勝オッズはタイムフライヤーが4.8倍で1番人気。続いて5.2倍でルーカス、5.9倍でジャンダルムとなっております。5番人気まで1桁オッズとやや混戦といった感じですが、朝日杯FSや阪神JFと同様2歳馬
『第34回ホープフルステークス(GⅠ)最終予想』の画像

ホープフルステークス(GⅠ)の出走馬が確定しましたので実績データをまとめてみました。 それではホープフルステークス(GⅠ)の実績データをみてみましょう。【距離適性(芝1800m最速タイム)】ルーカス 1.47.1(東京 17.11)シャルルマーニュ 1.47.1(東京 17.11)ロード
『第34回ホープフルステークス(GⅠ)攻略データ(3)』の画像

ホープフルステークスは2014年に重賞に昇格され、今年からさらにG1に昇格されました。開催場所、開催時期、距離は変わっていませんので過去のデータは活かせると思います。まず人気別にみてみると10番人気以下は(0-0-0-16)と軽視で良さそうです。前走のレースでみてみると
『第34回ホープフルステークス(GⅠ)攻略データ(2)』の画像

ホープフルステークス(GⅠ)は中山競馬場・芝・右2000mで行われます。このコースは牡馬クラシック第1弾・皐月賞が行われるコースです。スタートしてから1コーナーまでの距離は405mと長く、テンの2F目に激しい先行争いが起きやすいです。ただし、1コーナーを過ぎると落ち着く
『第34回ホープフルステークス(GⅠ)攻略データ(1)』の画像
         

↑このページのトップヘ