うまぶろぐ

小遣いサラリーマンの競馬予想ブログ


競馬ブログ更新情報




更新情報

阪神牝馬ステークス(GⅡ)は1番人気のカレンチャンが道中先団(4~5番手)の内を追走し、直線でも内を突き先頭にたつと、外から上がってきた7番人気のアンシャンブルーに1/2馬身差をつけて優勝(勝ちタイム1分20秒4)。さらに1/2馬身差の3着には3番人気のスプリングダンサー
『第54回サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス(GⅡ)結果』の画像

ニュージーランドトロフィー(GⅡ)は12番人気のエイシンオスマンが、道中先団追走(2~3番手)から直線半ばで先頭に立ち抜け出し優勝(勝ちタイム1分34秒5)。1.1/4馬身差の2着には7番人気のエーシンジャッカル、さらにハナ差の3着には1番人気のグランプリボスが入りました
『第29回ニュージーランドトロフィー(GⅡ)結果』の画像

阪神牝馬ステークス(GⅡ)の最終予想にはいります。4月9日12時00分現在のオッズはカレンチャンが4.5倍で1番人気、続いて6.4倍でサングレアズール、6.8倍でサワヤカラスカルとなっております。阪神牝馬ステークス(GⅡ)も適正(実績)データは割愛させていただきます。明日
『第54回サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス(GⅡ)最終予想』の画像

ニュージーランドトロフィー(GⅡ)の最終予想にはいります。4月9日9時30分現在のオッズはグランプリボスが2.7倍で1番人気、続いて5.5倍でラトルスネーク、7.1倍でリアルインパクトとなっております。昨日疲れすぎて早めに寝てしまったので、本日は適正(実績)データは割愛
『第29回ニュージーランドトロフィー(GⅡ)最終予想』の画像

マーチステークス(GⅢ)は過去10年で馬連の万馬券が5回と非常に波乱要素の強いレースです。なんと過去10年で1番人気で優勝したのは一昨年のエスポワールシチーの1度だけです。今年はキングスエンブレム、マチカネニホンバレ、ラヴェリータなど一線級のメンバーが揃いました

ニュージーランドトロフィー(GⅡ)はNHKマイルカップの重要な前哨戦です。今年は2歳チャンピオンのグランプリボスを中心に、リアルインパクト、ダノンシャーク、ディープサウンドなどのスピード自慢が多く終結しました。今年もこのメンバーからNHKマイルカップで好走する馬

阪神牝馬ステークス(GⅡ)の特徴としては、昨年の3連単44万馬券など、年々波乱傾向が強まってきているレースです。今年は27頭が登録しているが、重賞を勝っている馬はグランプリエンゼル、ジュエルオブナイルの2頭のみで、波乱の臭いがプンプンしますね。この2頭の他に注目

桜花賞(GⅠ)は有力候補だったレーヴディソールが骨折により出走できなくなり、混戦状態となりました。その中、注目すべき馬は阪神JF2着、クイーンC1着のホエールキャプチャ、フィリーズR1着のフレンチカクタス、チューリップ賞2着のライステラス、エルフィンS1着のマルセリ
         

↑このページのトップヘ