うまぶろぐ

小遣いサラリーマンの競馬予想ブログ


競馬ブログ更新情報




更新情報

報知杯弥生賞(GⅡ)の注目馬は札幌2歳S1着、ラジオNIKKEI杯2歳S2着のオールアズワン、東京スポート杯2歳S1着のサダムパテックの重賞優勝馬の2頭が抜けています。ただサダムパテックはなかなか出遅れ癖が治らないのが難点。出遅れ癖が解消されると報知杯優勝も見えてきます。

阪急杯(GⅢ)は4番人気のサンカルロが道中8番手を追走し、4コーナーで外を回すと直線半ばで先頭にたち、内から食い下がる1番人気のガルボを1.1/4馬身差に押さえて優勝(勝ちタイム1分20秒1)。さらに3/4馬身差の3着に5番人気のフラガラッハが入りました。サンカルロは1年8カ
『第55回阪急杯(GⅢ)結果』の画像

中山記念(GⅡ)は1番人気のヴィクトワールピサが道中後方(8~10番手)を追走し、4コーナーから徐々にペースを上げ、直線に入るとメンバー最速の上り(33.9)で一気に先頭に立ち、逃げ粘る4番人気キャプテントゥーレに2.1/2馬身差をつけ優勝(勝ちタイム1分46秒0)。さらに
『第85回中山記念(GⅡ)結果』の画像

阪急杯(GⅢ)の最終予想に入ります。2月27日2時30分現在の単勝オッズはガルボが3.5倍で1番人気、続いて6.1倍のワンカラット、同じく6.1倍のスプリングソングとなっています。阪急杯は比較的堅いレースで、1~3番人気の馬が複勝圏内に入っています。軸馬は1~3番人気で逃げ・
『第55回阪急杯(GⅢ)最終予想』の画像

中山記念(GⅡ)の最終予想にはいります。2月26日22時30分現在の単勝オッズはヴィクトワールピサが1.4倍で1番人気、続いて7.2倍のリルタヴァル、7.6倍のリーチザクラウンとなっています。ヴィクトワールピサがドバイに向けてどう勝ってくれるのかに注目が集まっているようで
『第85回中山記念(GⅡ)最終予想』の画像

アーリントンカップ(GⅢ)は4番人気のノーザンリバーが道中7~8番手で追走し、直線に入るとメンバー最速の上り(34.5)の鋭い脚を繰り出し、11番人気のキョウエイバサラに3/4馬身差をつけて優勝(優勝タイム1分34秒2)。さらに3/4馬身差の3着には5番人気のテイエムオオタカ
『第20回アーリントンカップ(GⅢ)結果』の画像

アーリントンカップ(GⅢ)の最終予想に入ります。2月25日23時00分現在の単勝オッズはノーブルジュエリーが2.5倍で1番人気、続いて5.8倍のテイエムオオタカ、6.3倍のスマートロビンとなっています。アーリントンカップの攻略ポイントは昨日紹介した2つのポイント以外に、過去
『第20回アーリントンカップ(GⅢ)最終予想』の画像

アーリントンカップ(GⅢ)の特徴は、過去10年で1番人気馬が6連対していますが近5年では2着までで、2~3番人気馬も3連対と不振ぎみです。逆に5~9番人気馬が9連対と波乱の多いレースです。阪神競馬場も開幕週で逃げ・先行馬が有利で、過去10年のデータをみても逃げ馬が6連対
         

↑このページのトップヘ