うまぶろぐ

小遣いサラリーマンの競馬予想ブログ


競馬ブログ更新情報




更新情報

ラジオNIKKEI賞(GⅢ)の最終予想に入ります。7月3日2:00分現在のオッズはフレールジャックが4.1倍で1番人気。続いて5.2倍でマイネルクラリマ、5.3倍でカフナとなっております。1番人気が勝てない、二桁人気が連に絡んだりと荒れるラジオNIKKEI賞ですが、今年はどんな結果が
『第60回ラジオNIKKEI賞(GⅢ)最終予想』の画像

函館スプリントステークス(GⅢ)の最終予想に入ります。7月2日23時50分現在のオッズはカレンチャンが2.4倍で1番人気。続いて5.5倍でアンシェルブルー、5.8倍でヘニーハウンドとなっております。カレンチャンに注目が集まっていますが、今年は固く収まるのでしょうか。それと
『第18回函館スプリントステークス(GⅢ)最終予想』の画像

ラジオNIKKEI賞(GⅢ)は今年で60回目になりますが2006年以前はラジオたんぱ賞という名称で行われていました。改名と同時に別定戦からハンデ戦に変更されています。ハンデ戦に変更されてからは1番人気の優勝はなく、人気馬を軸にするのは危険な臭いがします。それでは過去の

今日は仕事を終えた後に後輩達を連れて水道橋へ。もちろん帝王賞(交流GⅠ)の馬券を購入しにですよ(笑)。帝王賞はスマートファルコンが逃げ切りで9馬身差の圧勝(勝ちタイム2分1秒1)。しかも上り3Fタイムが36.0秒とメンバー最速。逃げて、この脚を使われては他の馬は手も
『第34回帝王賞(交流GⅠ)結果』の画像

函館スプリントステークス(GⅢ)は牝馬が過去10年で(8-1-0-15)と良い成績を残しています。今年も上位人気に支持されそうな牝馬が数頭いますので注意ですね。年齢でみてみると7歳以上の馬は(0-2-1-32)と不振なので、高齢馬は軽視してよさそうです。それでは過去のデータ

ラジオNIKKEI賞(GⅢ)は例年ならば福島競馬場で行われるレースですが、東日本大震災の影響により今年は中山競馬場・芝・右1800mで行われます。このコースはスタンド前の上り坂の途中からスタートし、内回りの4つのコーナーを回るコースです。スタートから1コーナーまで200m

函館スプリントS(GⅢ)は函館競馬場・芝・右1200mで行われます。このコースの特徴はスタートから3コーナーまで上り坂で、直線距離は489mあります。上りきった後はゴールまで下り坂が続くコースです。このコースは開催が進むにつれて差し馬、外枠が有利という傾向があります

第60回ラジオNIKKEI賞(GⅢ)の注目馬はまずショウナンパルフェ。青葉賞2着、ダービー6着と今回のメンバーの中では実績No1です。昨年の葉牡丹賞(500万下)1着と中山実績もあります。ただ不安なのは斤量で、過去10年で57キロ以上の斤量の馬は(0-1-0-5)です。斤量を克服でき
         

↑このページのトップヘ