うまぶろぐ

小遣いサラリーマンの競馬予想ブログ


競馬ブログ更新情報




更新情報

関西テレビ放送賞ローズステークス(GⅡ)は阪神競馬場・芝・右・外1800mで行われます。この2コーナーポケット付近からスタートし、3コーナーまで600m強とたっぷり距離があります。このためテンがだいぶ緩く、スローペースとなる事が多いです。4コーナー半ばに直線に入る手前

ラジオ日本賞セントライト記念(GⅡ)は中山競馬場・芝・右・外2200mで行われます。このコースはスタンド前直線の端を拡張したポケットからスタートし、1コーナーまでの直線距離は432mあります。スパートは早め早めで、重賞ともなると3コーナーを境に残り900mからのスパート

エルムステークス(GⅢ)の注目馬はバーディバーディ。昨年のJCD4着に入り、今年に入ってからはフェブラリーS3着、アンタレスS3着と重賞で安定した走りをしています。札幌競馬場は初となりますが、今までのレースぶりからは問題ないと思います。次に注目している馬はランフォ

関西テレビ放送賞ローズステークス(GⅡ)の注目馬はホエールキャプチャ。GⅠで1着は無いものの桜花賞2着、オークス3着と実績はメンバーナンバーワンです。しかもキャリア8戦で1度も馬券圏内を外していません。ここでも軸馬として問題ない1頭です。次に注目しているのはエリ

ラジオ日本賞セントライト記念(GⅡ)の注目馬はペルシャザール。ダービーは後続勢が上位を占める中、先行し唯一3着に入ったのは実力を持っている証拠だと思います。また、春のクラシックでもブログに記載していましたが、ハイレベルなレースだったホープフルSの優勝馬でもあ

セントウルステークス(GⅡ)は2番人気のエーシンヴァーゴウが道中2番手を追走し、直線でしぶとく伸びると、馬群を縫って猛追した香港馬ラッキーナインをアタマ差抑えて優勝(勝ちタイム1分08秒5)。さらに1/2馬身差の3着には1番人気のダッシャーゴーゴーが入りました。エー
『第25回セントウルステークス(GⅡ)結果』の画像

京成杯オータムハンデキャップ(GⅢ)は2番人気のフィフスペトルが道中8番手を追走し、直線入り口で一気にスパートをかけ先頭に躍り出ると、後方からの猛追を退け優勝(勝ちタイム1分31秒9)。3/4馬身差の2着には7番人気のアプリコットフィズ、さらに1馬身差の3着には3番人気
『第56回京成杯オータムハンデキャップ(GⅢ)結果』の画像

今週はキャリーオーバーもあるので購入者は多いと思いますが、的中させてみたいということで友人U氏と共同で購入もします(笑)。うまぶろぐでは私の本命を公開しておきます。今週の対象レースは阪神10Rオークランドレーシングクラブトロフィー、中山10Rレインボーステークス
『今週のWIN5予想 Vol.21』の画像
         

↑このページのトップヘ