うまぶろぐ

小遣いサラリーマンの競馬予想ブログ


競馬ブログ更新情報




更新情報

中山牝馬ステークス(GⅢ)の特徴は、過去10年で1番人気の馬は3連対、2番人気の馬は1連対と不振傾向にあります。特に揉まれる1~4枠の内に入った1番人気の馬は(0-0-0-6)という面白いデータもあります。コース的には先行馬有利ですが、中山牝馬Sでは中断からの差し馬が11連

報知杯フィリーズレビュー(GⅡ)の特徴は、過去10年で1番人気の馬が6連対しているが、2番人気の馬が1連対と不調。逆に6~10番人気の馬が8連対と好調で、なんとここ6年では必ず連に絡んでいます。上位人気馬だけでは決まらない事を踏まえ穴馬を検討する必要がありそうです。

中山牝馬ステークス(GⅢ)の注目馬は京都牝馬Sで2番人気ながら14着に敗れてしまったアプリコットフィズ。ここ数戦敗戦が続いているが、中山牝馬Sと同じ舞台のフラワーCを勝っているオウケンサクラ。エリザベス女王杯5着、愛知杯3着、京都牝馬S2着と安定した走りをみせている

報知杯フィリーズレビュー(GⅡ)の注目馬は牝馬ながらシンザン記念で1番人気になり、5着には敗れたが力をみせたドナウブルー、阪神JFで5着に入ったツルマルワンピース、個人的にも注目しているフレンチカクタスなどでしょうか。フレンチカクタスは先週のチューリップ賞にも

中京記念(GⅢ)は中京競馬場が改修工事の為、小倉競馬場で行われます。小倉競馬場ならではの波乱の結果になるかもしれませんね。注目馬は前走小倉大賞典で2番人気ながら7着に敗れてしまったナリタクリスタル。個人的にも注目しておりますが、昨年の夏のような活躍が見られる

報知杯弥生賞(GⅡ)は1番人気のサダムパテックが道中中断を追走し、直線に入るとじわりじわりと他馬を抜き去り、懸命に粘る7番人気プレイに1/2馬身差をつけて優勝(勝ちタイム2分01秒0)。さらにハナ差の3着には5番人気デボネアが入りました。私が注目していたオールアズワ
『第48回報知杯弥生賞(GⅡ)結果』の画像

ちょっと寝ようと思っ起きたらこんな時間(AM2:30)でした(笑)。おそくなりましたが、報知杯弥生賞(GⅡ)の最終予想にはいります。3月6日2時30分現在の単勝オッズはサダムパデックが3.4倍で1番人気、続いて3.8倍のターゲットマシン、4.7倍のオールアズワンとなっておりま
『第48回報知杯弥生賞(GⅡ)最終予想』の画像

チューリップ賞(GⅢ)は単勝1.1倍と圧倒的な1番人気だったレーヴディソールが道中後方を進み、4コーナーで外に持ち出すと直線で次元の違う脚(上り33.6)で他馬を抜き去り、2番人気ライステラスに4馬身差をつけて優勝(勝ちタイム1分34秒5)。さらにクビ差の3着には6番人気
『第18回チューリップ賞(GⅢ)結果』の画像
         

↑このページのトップヘ