うまぶろぐ

小遣いサラリーマンの競馬予想ブログ


競馬ブログ更新情報




更新情報

きさらぎ賞(GⅢ)の最終予想に入ります。2月3日3時30分現在の単勝オッズはリグヴェーダが3.6倍で1番人気。続いて5.0倍でバッドボーイ、5.0倍でラストインパクトとなっております。インパラトールが右肩跛行のため出走取消になり8頭立てとなってしまいました。スローの団子状
『第53回きさらぎ賞(GⅢ)最終予想』の画像

きさらぎ賞(GⅢ)は5枠が(2-2-2-10)、6枠が(1-2-1-13)、7枠が(4-1-2-11)、8枠が(1-1-3-14)と5枠より外が好成績を残しています。脚質では差し馬が(5-1-4-31)と好走しており、前走のクラスをみてみると500万下が(4-4-2-29)と新メンバーの活躍が目立ちます。きさら

東京新聞杯(GⅢ)は7歳以上の高齢馬は(0-1-1-44)と苦戦しています。人気別でみてみると5番人気が(2-1-1-6)、6~10番人気が(3-2-5-40)、11番人気以下が(1-2-1-49)と穴馬の激走が目立つレースです。また前走距離では1600mが(8-8-5-75)と好走しています。東京新聞杯

きさらぎ賞(GⅢ)は京都競馬場・芝・右・外1800mで行われます。向う正面直線を延長したポケットからスタートし、3コーナーまでの直線距離は912mと非常に長いです。スタートして600mくらいの間に位置取りが決まり、3コーナーにある高さ4.3mの上り下りを径て4コーナーへ入りま

東京新聞杯(GⅢ)は東京競馬場・芝・左1600mで行われます。スタートから250m地点まで下りが続き、3コーナーまでの直線距離も550m程度ありますので、自然とペースが速くなります。3コーナー手前で坂を登りますが、再度下りになるため、息を抜くことができません。そのためス

シルクロードステークス(GⅢ)は2番人気のドリームバレンチノが道中好位4番手を追走し、直線で前が詰まり一瞬抜け出せないかと思いましたが、ラスト1ハロンで前が開くと一気に抜け出し、前を交わして優勝(勝ちタイム1分08秒6)。ハナ差の2着には4番人気のダッシャーゴーゴ
『第18回シルクロードステークス(GⅢ)結果』の画像

根岸ステークス(GⅢ)は5番人気のメイショウマシュウが道中後方で脚をため、直線に入るとメンバー最速の脚(上り34.6秒)を繰り出し優勝(勝ちタイム1分23秒7)。ハナ差の2着には1番人気のガンジス、さらにクビ差の3着には10番人気のセイクリムズンが入りました。勝ったメイ
『第27回根岸ステークス(GⅢ)結果』の画像

今週のWIN5の対象レースは京都10R松籟ステークス、東京10R節分ステークス、中京11R三河ステークス、京都11R第18回シルクロードステークス(GⅢ)、東京11R第27回根岸ステークス(GⅢ)です。今週はちょっと固めの予想ですが、1点買いで3度目のWIN5的中に向けてがんばるぞ~♪
『今週のWIN5予想 Vol.96』の画像
         

↑このページのトップヘ