うまぶろぐ

小遣いサラリーマンの競馬予想ブログ


競馬ブログ更新情報




更新情報

阪急杯(GⅢ)は阪神競馬場・芝・右1400mで行われます。このコースは2コーナー奥のポケットからスタートし、3コーナーまでの直線距離は443mと長いのが特徴です。スタートしてから平坦~下りとなるためテンが速くなりので、1200m戦に比べて逃げ馬が残る確率はグッと低くなりま
『第61回阪急杯(GⅢ)攻略データ(1)』の画像

中山記念(GⅡ)は中山競馬場・芝・右1800mで行われます。このコースは直線のスタンド前からスタートし、すぐに急坂を上ってコースを1周します。最初のコーナーまで約200mと短いため、極端な速いペースにはなりにくいです。そうなると前に行った馬が有利になり、4コーナーを
『第91回中山記念(GⅡ)攻略データ(1)』の画像

フェブラリーステークス(GⅠ)は2番人気のゴールドドリームが中断グループを追走し、最後の直線に入ると外目に持ち出し徐々に前との距離を縮め、一緒に抜け出したベストウォーリアとの叩き合いを制し優勝(勝ちタイム1分35秒1)。クビ差の2着には5番人気のベストウォーリア
『第34回フェブラリーステークス(GⅠ)結果』の画像

小倉大賞典(GⅢ)は4番人気のマルターズアポジーが好スタートからハナを奪い、前4Fを平均ペースを上回る46秒でレースを引っ張っても、最後の直線で脚色は衰えずそのまま優勝(勝ちタイム1分45秒8)。2馬身差の2着には8番人気のヒストリカル、さらにクビ差の3着にはクラリテ
『第51回小倉大賞典(GⅢ)結果』の画像

ダイヤモンドステークス(GⅢ)は1番人気のアルバートが道中後方グループを追走し、最後の直線に入ると大外へ持ち出しメンバー最速の脚(上り33.4秒)を使い残り100mで前を交わし優勝(勝ちタイム3分35秒2)。1.1/4馬身差の2着には6番人気のラブラドライト、さらに1.1/4馬身
『第67回ダイヤモンドステークス(GⅢ)結果』の画像

京都牝馬ステークス(GⅢ)は鞍上の岩田騎手が行きたがる1番人気のレッツゴードンキを抑えながら中団後方を追走し、最後の直線に入ると外へ持ち出し徐々に前との距離を縮めゴール手前で前を交わし優勝(勝ちタイム1分22秒5)。1.3/4馬身差の2着には7番人気のワンスインナムー
『第52回京都牝馬ステークス(GⅢ)結果』の画像

今週のWIN5の対象レースは京都10R春日特別、東京10Rアメジストステークス、小倉11R第51回小倉大賞典(GⅢ)、京都11R斑鳩ステークス、東京11R第34回フェブラリーステークス(GⅠ)です。先週は3レース目で撃沈でしたので今週はもっと楽しみたいですね。※2/20 21:17に結果を
『今週のWIN5予想 Vol.316』の画像

小倉大賞典(GⅢ)の最終予想に入ります。2月19日10時45分現在の単勝オッズはストロングタイタンが5.9倍で1番人気。続いて6.4倍でマイネルハニー、6.5倍でベルーフとなっております。5番人気まで1桁オッズとやや混戦といった感じで、上位人気馬の差も殆どないに等しい状態で
『第51回小倉大賞典(GⅢ)最終予想』の画像

フェブラリーステークス(GⅠ)の最終予想に入ります。2月19日9時43分現在の単勝オッズはカフジテイクが4.8倍で1番人気。続いて5.0倍でゴールドドリーム、6.1倍でモーニンとなっております。6番人気まで1桁オッズと大混戦状態で予想には悩みましたが、今年は面白いメンバーが
『第34回フェブラリーステークス(GⅠ)最終予想』の画像

小倉大賞典(GⅢ)の出走馬が確定しましたので実績データをまとめてみました。それでは小倉大賞典(GⅢ)の実績データをみてみましょう。【小倉競馬場芝実績】※連対率、複勝率で評価 ※1戦馬は除くストロングタイタン (3-0-0-0)コスモソーンパーク (1-2-0-1)ダコール (
『第51回小倉大賞典(GⅢ)攻略データ(2)』の画像
         

↑このページのトップヘ